PowerAutomatedDesktop導入~起動までのメモ

PowerAutomateDesktopアイコン

スポンサーリンク

Power Automated Desktopインストールから起動までのメモ

Microsoft Power Automated Desktopをインストールから起動までの記録を公開します。

なかなか便利そうだし、これで無料ということには驚きました。

少しずつ利用して勉強しながら、作業効率化や生産性の向上につなげられたらと思っています。

なお、インストールしたOSはWindows10 Pro 64bit(20H2)です。

インストール

1.MSのサイトからダウンロード

下記の「無料でダウンロードする」からダウンロードしてください。

Power Automate Desktop | Microsoft Power Automate
デスクトップ自動化テクノロジで、古いシステムと新しいシステムをリアルタイムで橋渡しします。コーディング スキルを必要とせず、数百もの構築済み操作を利用できます。

PowerAutomatedDesktop_ms1

Setup.Microsoft.PowerAutomateDesktop.exeがダウンロードできれば準備完了です。

PowerAutomatedDesktop_ms2

ダウンロードしたファイルを実行して、インストールを始めましょう。

2.Power Automated Desktopの設定

画面にあるリンクが気になる方はクリックして詳細を確認してください。

問題なければ「次へ」を押下してください。

PowerAutomateDesktop_install_01

なお「画面上のPower Automated Desktopの詳細を表示」のリンク先は下記です。

Power Automate Desktop の概要 - Power Automate
Power Automate Desktop の概要

「その他のデスクトップフローの作成方法について」のリンク先は下記です。

他のタイプのデスクトップ フローの概要 - Power Automate
他のタイプのデスクトップ フローの概要。

3.インストールの詳細

特段変更必要なければ、そのままでも結構かと思います。

1番下のチェックボックス(インストールを選択すると…)にチェックを入れてから「次へ」を押下してください。

下から2つ目の「…使用状況データの収集を許可します」はお好みでON/OFF選択してください。

PowerAutomateDesktop_install_02

4.インストール中

インストール中の画面が表示されたらしばらく待ちます。

PowerAutomateDesktop_install_03

5.インストール成功

インストール成功画面が表示されたら、Power Automated Desktopのインストールは完了です。

PowerAutomateDesktop_install_04

ChromeやEdgeを利用する場合、この画面のリンクから拡張機能を有効にしましょう。(下記の6.参照)

なお、デスクトップにも下記のアイコンができているので確認してください。

PowerAutomateDesktop_install_06

6.ブラウザ拡張機能のインストール

6.1.Google Chromeブラウザ拡張機能のインストール

上記5.でGoogle Chromeのリンクを押下すると、Google Chrome拡張機能の画面でPower Automated Desktop拡張機能が表示されます。

右上の「Chromeに追加」を押下してください。

PowerAutomateDesktop_install_05C

確認メッセージが表示されたら「拡張機能を追加」を押下してください。

PowerAutomateDesktop_install_05C2

6.2.Microsoft Edgeブラウザ拡張機能のインストール

上記5.でMicrosoft Edgeのリンクを押下すると、Microsoft Edgeの拡張機能の画面でPower Automated Desktop拡張機能が表示されます。

右上の「インストール」を押下してください。

PowerAutomateDesktop_install_05E1

確認メッセージが表示されたら「拡張機能を追加」を押下してください。

PowerAutomateDesktop_install_05E2

起動

1.Power Automated Desktopサインイン画面

デスクトップのアイコンなどから起動すると、サインインを求められます。

まずはサインインのボタンを押下してください。

2.メールアドレス入力画面

メールアドレスの入力を求められます。

メールアドレスを入力して、サインインボタンを押下してください。

3.パスワード入力画面

パスワードの入力を求められます。

パスワードを入力して、サインインボタンを押下してください。

4.Power Automated Desktopの起動

認証されると、はじめは「デスクトップフローがありません」と表示されます。

左上にある「新しいフロー」を押下して、フローを追加してみましょう。

キャプチャ4

5.フローを作成する

フロー名を入力して「作成」を押下します。

Power Automated Desktopのフロー作成画面が起動します。

アクションについて

アクション部分をすべて折りたたんで表示すると下記のとおりです。

詳細は別途記事にしたいと思います。

アクションを見る限りでもかなりいろいろとできそうですね!

アクション
変数
条件
ループ
遅延
システム
ファイル
フォルダー
圧縮
UIオートメーション
Web
Webオートメーション
Excel
データベース
メール
Exchange
Outlook
メッセージボックス
マウスとキーボード
クリップボード
テキスト
日時
PDF
CMDセッション
ターミナルエミュレーション
OCR
暗号化
サービス
XML
Active Directory
AWS
Azure
コグニティブ
FTP
フローコントロール

参考)Windows初心者向け書籍

Windows 10の基本から使いこなしまでをわかりやすく解説した書籍で、超初心者から中級者まで幅広く対象としたマニュアル本です。

Tipsメインで初心者にも、長く使っている人も知りたいところを引きやすく扱いやすい本です。上記の本とは好みでどちらかを選べばよいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました