Officeマクロありファイルが実行時にブロックされる件

スポンサーリンク

ExcelなどOfficeのマクロファイルが実行時にブロックされる件(共有フォルダ)

最近、Officeのバージョンアップに伴い、セキュリティ強化が行われました。

その結果、マクロを使っていたExcelやWordなどのファイルを開くと、赤色のメッセージバーが表示されて使えなくなってしまいました。

セキュリティリスク
このファイルのソースが信頼できないため、Microsoftによりマクロの実行がブロックされました。

Officeの最新アップデートが適用されると、メッセージバーを閉じてもファイルの編集やマクロを実行することができません。

横にある「詳細を表示」を押下すると、下記ページへリンクしています。

潜在的に危険なマクロがブロックされました

上記サイトの「ファイルの安全性が確認でき、マクロのブロックを解除する場合」の項目内の記載に従ってブロック解除ができればよいのですが、「このファイルは~~~可能性があります。」横の「許可する」のチェックボックスが表示されていないことも多々あります。

このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります。

また、PCのローカルにファイルがあれば事前に登録済みの「信頼できる場所」に保存すればよいのですが、組織でNASやファイルサーバ等を利用している場合など、特にネットワーク越しでファイルを開いてマクロを実行している場合は、「信頼できる場所」を登録して回避することになるので、その対応方法についてExcelベースでお伝えします。

言わずもがなですが、登録先が安全であることや、組織として問題ないことは事前に確認済の前提です。

「信頼できる場所」の登録手順(サーバの共有フォルダを登録)

1.新規でExcelを起動し、左下のオプションを選択する。

2.トラストセンターで「トラストセンターの設定」を押下する

3.「信頼できる場所」を選択し、画面下側にある「自分のネットワーク上にある信頼できる場所を許可する」にチェックを入れ、「新しい場所の追加」を押下する

5.ホスト名(PC名)で共有フォルダのパスを指定する
例)\\HOST01-SV\share_folder01
(必要な場合のみ)指定フォルダ配下でもマクロを実行したい場合、青線の「この場所のサブフォルダーも信頼する」にチェックを入れる

6.「OK」で画面を閉じ、登録されたパスと更新日が表示されていることを確認する。

7.Excel(もしくはPC)を再起動して、対象ファイルを実行して確認する。

【注意事項】
ファイルを実行する際、もしくはフォルダを辿る際、上記手順で登録したホスト名を含むパスを辿らないと、信頼された場所として認識できないので、マクロがブロックされたままとなります。
誤)\\10.10.0.1\share_folder01\test.xlsm
正)\\HOST01-SV\share_folder01\test.xlsm

あとは、ショートカットやネットワークドライブ等のパスが、「信頼できる場所」に登録したホスト名を含むパスと同じか確認してください。

できなかったこと

「信頼できる場所」に対して

・IPアドレスを含むパスの登録
・「自分のネットワーク上にある信頼できる場所を許可する」のチェックなしでの登録

いずれも、登録ができませんでした。

参考)Windows初心者向け書籍

Windows の基本から使いこなしまでをわかりやすく解説した書籍で、超初心者から中級者まで幅広く対象としたマニュアル本です。

Windows11

今すぐ使えるかんたん Windows 11 Windows11新機能完全マニュアル はじめてのWindows11 (限定小冊子・電話&メールサポート・無料電子版付)できるWindows 11 (限定小冊子・無料電子版付き)できるWindows 11 パーフェクトブック 困った! &便利ワザ大全 (できるパーフェクトブック)

Windows10

コメント

タイトルとURLをコピーしました